2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.04.15 (Sat)

Hans Zimmer, Lorne Balfe ‎– Sherlock Holmes: A Game Of Shadows - Original Motion Picture Soundtrack

CD/米盤/2011年/WTM-39270

ホームズ映画の中でも最も大きな改変を行った割に
意外なほどに批判の声を聴くことが少なく大ヒットした、
ガイ・リッチー監督版「ホームズ」の続編のサントラ。

さり気なく原作の美味しいところを所々に取り入れていて
コナン・ドイルの原作を読んでいる人なら「あ、ここ!」と思う、
なかなか手慣れた映画術だ。

ハンス・ジマーらしい大仰な映画音楽、
11はエンニオ・モリコーネ、12はシューベルト、
なお、10はナクソス・レーベルの音源らしい。
映画抜きで音楽だけでもけっこう楽しめる。


曲目:
1 I See Everything 0:39
2 That Is My Curse (Shadows - Part 1) 1:52
3 Tick Tock (Shadows - Part 2) 8:13
4 Chess (Shadows - Part 3) 7:34
5 It's So Overt It's Covert 3:20
6 Romanian Wind 1:56
7 Did You Kill My Wife? 2:43
8 He's All Me Me Me 1:58
9 The Mycroft Suite 1:42
10 To The Opera! 4:04
11 Two Mules For Sister Sara 2:34
12 Die Forelle 3:24
13 Zu Viele Füchse Für Euch Hänsel 1:47
14 The Red Book 4:01
15 Moral Insanity 1:31
16 Memories Of Sherlock 2:12
17 The End? 2:26
18 Romani Holiday (Antonius Remix) 5:40


R-3386954-1328401524.jpg
14:45  |  映画/サントラ  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.10 (Thu)

John Hughes ‎– Scarlet Diva - Original Motion Picture Soundtrack(OST)

CD/国内盤/2001.2.10/PCD-24048

アーシア・アルジェント監督・主演の映画、
「スカーレット・ディーヴァ」のサントラ。
このサントラが日本でリリースされた時点で
映画そのものは劇場未公開だったんじゃないか。

音楽担当のジョン・ヒューズで検索すると高名な映画監督がヒットする、
実はこのサントラを手がけたジョン・ヒューズは、
有名映画監督のジョン・ヒューズの息子。

有名人の二世が結集したアルバム、
親の七光りというにはあまりにもジャンルが違いすぎる。
アンビエントやエレクトロニカと言った言葉で表現される
かなり内省的な音楽、どことなく
「死刑台のエレベーター」とマイルス・デイヴィスの関係を思わせる。


曲目:
1 Quelou
2 Lying In The Backseat Part 1
3 Bathtub Flashback
4 Everything Will Be Just Fine
5 Red Room
6 Set Me On The Couch
7 Hotel Lobby
8 Mother's Death Flashback
9 Nightmare Intro
10 Lying In The Backseat Part 2
11 Counting Backwards
12 Nightmare
13 Driving In LA
14 Rabbit Flashback
15 Street Song
16 Got Me Lost
17 Make You Want It Even More
18 Arriving In LA


MI0001520704.jpg

テーマ : 音楽 ジャンル : 音楽

13:24  |  映画/サントラ  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.30 (Fri)

帰ってきたウルトラマン 総音楽集

CD/国内盤/1994.2.23/KICA-184

完全収録盤とあるが、正確には完全ではない、
ウルトラセブン用に作曲され、セブンでは使用されずに
こちらで流用された楽曲が収録されていない。

1971年モノーラル収録、
この手の特撮物、アニメ物のサントラとしては
高音質の部類に入る。
マスターテープがかなり良い状態で保管されていたんじゃないか。

音楽としても、怪獣モノっぽい大仰さや安っぽさがなく、
映像を切り離して単体でも楽しめる質の高いものだ。


曲目:
1. メインタイトル
2. 怪獣総進撃
3. タッコング大逆襲
4. 恐怖の怪獣魔境
5. 二大怪獣東京を襲撃
6. 決戦!怪獣対マット
7. 恐竜爆破指令
8. 津波怪獣の恐怖東京大ピンチ
9. 二大怪獣の恐怖東京大龍巻
10. 大怪鳥テロチルスの謎
11. 怪鳥テロチルス東京大空爆
12. 宇宙から来た透明大怪獣
13. 怪獣チャンネル
14. 戦慄!マンション怪獣誕生
15. ふるさと地球を去る
16. 次郎くん怪獣に乗る
17. 悪魔と天使の間に
18. 落日の決闘&怪獣使いと少年
19. 許されざるいのち
20. 残酷!光怪獣プリズ魔
21. 夜を蹴ちらせ
22. ウルトラマン夕陽に死す
23. ウラトラの星光る時
24. 星空に愛をこめて&地獄からの誘い
25. ウルトラ5つの誓い


kaette.jpg

テーマ : アニソン・キャラソン ジャンル : 音楽

02:57  |  映画/サントラ  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.09 (Fri)

OST - 未来少年コナン

AD/国内盤/1979年/C18G0013

ジャケットにも帯にも映画版との記載がなく、
一箇所だけ「映画音楽:藤家虹二」とある、
TV版ではなく映画版のサントラということのようだ。

最初と最後に収録されている研ナオコの歌は
映画版のものでTV版のOP/EDではない。
(谷山浩子の作詞作曲)

ナレーションやドラマパートが曲の合間に挿入される、
昔のアニメのレコードではよくあるパターン。

帯にはステレオと記載されている、
ドラマパートはモノラルなので、
実際にはステレオとモノラルが混在している。
低音も高音もすっぱりと切り落としてあって
これならポータブルプレーヤーでも再生できる。


曲目:
A1.1 (オープニング・テーマ) 愛をもう一度 Vocals – 研ナオコ 2:46
A1.2 プロローグ 0:52
A1.3 コナンとラナの出逢い 3:37
A2.1 ラナのテーマ 3:49
A2.2 コナンとジムシーの出逢い 4:11
A3.1 ジムシーのテーマ 2:44
A3.2 バラクーダ号、インダストリアへ 1:57
A4 インダストリア 1:45
B1.1 ハイハーバーの夢 3:40
B1.2 インダストリア幽閉室 2:07
B1.3 逃げ出したコナンとラナ 3:00
B1.4 バラクーダ号のラナとダイス 2:26
B1.5 海底のコナンとラナ 2:34
B1.6 コナンとレブカの闘い 3:56
B1.7 エピローグ 0:58
B2 (エンディング・テーマ) なつかしい朝 Vocals – 研ナオコ 3:38


コナン

テーマ : アニメソング ジャンル : 音楽

20:52  |  映画/サントラ  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.08 (Thu)

堀江由衣 - Love Destiny

CDS(デジパック)/国内盤/2001.5.16/KICM-3009

声優アイドルの歌うアニメの主題歌。
2016年時点でアマゾンや楽天に新品在庫がある、
いわゆる店頭在庫が不良在庫として残っているのか、
15年も前のシングルCDが継続してプレスされているのか。

クレジット表記が面白い、
スタイリストやヘアメイクの担当者の名前は記載があるのに、
演奏者についての記載が無い。

すべて打ち込みなのか、
少なくともギターソロは人間が演奏していると思うんだけど
誰が演奏したというクレジットが一切ない。

音質は素晴らしく酷い、
平坦なヴォーカルが真ん中に巨大にふんぞり返り、
バックの演奏が小さな音量で遠くで鳴っている感じ。
これは、トッド・ラングレンのように
意図的にローファイにしているのだろうか。


曲目:
1. Love Destiny
2. 翼
3. Sweet Baby Love
4. Love Destiny (Instrumental)
5. 翼 (Instrumental)
6. Sweet Baby Love (off vocal)


lovede.jpg

テーマ : J−POP ジャンル : 音楽

02:39  |  映画/サントラ  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT