2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.03.08 (Wed)

Josquin Desprez - A Sei Voci, Bernard Fabre-Garrus ‎– Missa Pange Lingua & Motets

CD(デジパック仕様)/オーストリア盤/2000年/E-8639

4枚組セットで購入したが、単売されているCDを
大雑把に「Renaissance」というタイトルでくくって
セットにしているだけなので、単品CDとして取り上げる。

収録は1999年、当時最新の24bit/96kHzのデジタルレコーダーを使用、
といってもCDにする際に16bitに落とされるわけで、
変換が入る分、音質にはマイナスとも言える。
(16bitレコーダーにこだわって収録しているレーベルも存在する)

ノイマンTLM50Sを2本使った超シンプルなステレオ収録、
マニア好みの優秀録音盤だ。


演奏:
Conductor – Bernard Fabre-Garrus
Ensemble – A Sei Voci, Maîtrise Des Pays De Loire
Vocals – Eric Raffard, James Gowings, Jean-Louis Georgel
Jean-Louis Paya, Lucien Kandel, Nicolas Maire
Raoul Le Chenadec, Serge Goubioud, Thierry Bréhu

曲目:
1 Appel 0:31
2 Pange Lingua (Plain-Chant) 3:52
3 Kyrie 3:06
4 Gloria 4:34
5 Graduel : Christus Factus Est (Plain-Chant) 2:26
6 Credo 7:30
7 Sanctus 7:12
8 Agnus Dei 6:59
9 Popule Meus (Plain-Chant) 5:36
10 Qui Velatus Facie Fuisti 11:28
11 O Domine, Jesu Christe 10:22
12 Christus Mortuus Est 2:16
13 Nos Autem (Plain-Chant) 3:24


R-8860010-1470292964-5728.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

19:35  |  クラシック:古楽/バロック  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.22 (Sun)

Cinq Concertos Pour Trompette

AD/フランス盤/プレス年度不明/STU-70548

収録年代不明、おそらく1970年代のアナログ録音と思われる。
エラート・レーベルらしい颯爽とした上品な音、
トランペットの音も艷やか、CDではなかなか聴けない音だ。

オーディオマニアが大騒ぎするようなハッタリめいたところはないが、
演奏も良く、音も伸びやかで詰まった感じがない、推奨盤。


演奏:
Trumpet – Maurice André
Violin – Guenter Pichler
Wiener Solisten

曲目:
Concerto En Ré Majeur Pour Trompette Et Orchestre A Cordes
Composed By – Giuseppe Torelli
A1.1 Allegro
A1.2 Adagio
A1.3 Allegro

Concerto En Si Bémol Majeur Pour Trompette Et Orchestre A Cordes
Composed By – Tomaso Albinoni
A2.1 Adagietto
A2.2 Allegro
A2.3 Adagio
A2.4 Allegro

Concerto En Si Bémol Majeur Pour Trompette Et Violon
Composed By – Antonio Vivaldi
A3.1 Allegro
A3.2 Largo
A3.3 Allegro

Concerto En Ré Majeur Pour Trompette Et Orchestre A Cordes
Composed By – Georg Philipp Telemann
B1.1 Adagio
B1.2 Allegro
B1.3 Grave
B1.4 Allegro

Sonate De Concert Pour Trompette Et Orchestre A Cordes En Ré Majeur
Composed By – Georg Philipp Telemann
B2.1 Modéré
B2.2 Largo
B2.3 Vivace


R-7288571-1438089615-5597.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

19:24  |  クラシック:古楽/バロック  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.21 (Sat)

Dauvergne: Concert I, Concert II, Concert III - Stéphane Cardon

AD/フランス盤/1978年/ARN-38430

Antoine Dauvergneはフランスの作曲家、
ということくらいしかわからない、どう発音するのだろうか。
時期的には後期バロックから古典派あたり、
同世代にペルゴレージがいる。

指揮者のStéphane Cardonもフランス人、
シカゴやらベルリンやらウィーンといった超メジャーどころとは
無縁の演奏家と思われる。

つやつやとしてアリオン・レーベルらしい美音が堪能できるし、
曲も無駄な刺激がなくかといって退屈でもなく、楽しめる。

収録は1977年、写真を見る限り、
あまり広くない教会の祭壇前で行われている、
床は石材だろう(床の材質でも音は変わる)。


演奏:Stéphane Cardon / Ensemble Instrumental de Grenoble

38430.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

13:31  |  クラシック:古楽/バロック  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.21 (Sat)

Georges Frédéric Haendel Pieces for Organ; Organ Concerto #1

AD/フランス盤/1974年/ARN-37236

リスボン大聖堂のオルガンを使って演奏、
パイプオルガンは教会備え付けで移動はできない、
演奏や録音する場合は現地に実際に行くしかない。

A面ラストに猛烈な低周波ノイズがはいる、
しかし何の音か良くわからない(注:大型SPでないと聴こえない)、
この部分以外は曲調もあってあまり低音低音していない。
B面はいかにもパイプオルガンといった豪快な低音が楽しめる。

収録は1973年か1974年あたりか、
Antoine Sibertin Blancはポルトガル人演奏家、
ポルトガル語のwikiに項目があり、
2012年に亡くなるまでリスボン大聖堂のオルガン奏者を
つとめていたと記載されている。


演奏:Antoine Sibertin Blanc

37236.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

13:08  |  クラシック:古楽/バロック  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.11 (Wed)

J. S. Bach - The Complete Concerti For Harpsichord And Orchestra

AD(5枚組BOX)/米盤/プレス年度不明/HE-73001

詳細情報の記載無し、おそらく他から原盤を買っての再プレス。
昔はオリジナルを探すのは厄介な仕事だったが
いまはネットで瞬時に判明する、
フランスのCritèreレーベルが原盤で1963年パリでの収録、
とするとこのノンサッチ盤はおそらく1970年代のプレスだろう。

レコード2枚程度しか入ってなさそうな薄いボックスだがずっしりと重く、
あけてみると5枚がぎゅうぎゅうに詰め込んである。
ノンサッチらしくボックスの紙質が悪くすぐにぼろぼろになる、
この盤をきれいな破損のない状態で保管している人は存在しない?

レーベル混在で順番に聞くのはかなり大変、
通常はA面の裏はB面ですが、
混在の場合、A面の裏面がF面だったりするのです。

明快でわかりやすい音と演奏、
特に録音はまるでデジタル録音のようなくっきりした音で、
よくいわれるアナログ的な柔らかい甘い優しい音ではない。

なお、オリジナルのCritère盤はモノーラル・プレス、
こちらはステレオ・プレスなので、
ステレオで聞きたかったらこのノンサッチ盤を買うしかない。


演奏:
Conductor – Roland Douatte
Flute – Maxence Larrieu (tracks: E1 to E3, J1 to J3), Michel Debost (tracks: E1 to E3)
Harpsichord – Blandine Verlet (tracks: G4 to G6), Huguette Dreyfus (tracks: F4 to F6, G1 to G3, H1 to I6)
Michèle Tedeschi (tracks: I1 to I6), Nicole Hénon (tracks: H1 to H3, I4 to I6), Ruggero Gerlin
Orchestra – The Collegium Musicum Of Paris
Violin – Régis Pasquier (tracks: J1 to J3)

曲目:
Concerto No. 1 In D Minor, BWV 1052
A1 1. Allegro 8:21
A2 2. Adagio 7:50
A3 3. Allegro 8:54

Concerto No. 2 In E Major, BWV 1053
B1 1. [Allegro] 9:12
B2 2. Siciliano 6:24
B3 3. Allegro 8:00

Concerto No. 3 In D Major, BWV 1054
C1 1. [Allegro] 8:48
C2 2. Adagio E Piano Sempre 6:18
C3 3. Allegro 3:00

Concerto No. 4 In A Major
D1 1. Allegro 4:38
D2 2. Larghetto 5:54
D3 3. Allegro Ma Non Tanto 5:03

Concerto No. 5 In F Minor, BWV 1056
D4 1. [Allegro] 3:51
D5 2. Largo 3:11
D6 3. Presto 4:12

Concerto No. 6 In F Major, BWV 1057
E1 1. [Allegro] 7:28
E2 2. Andante 4:02
E3 3. Allegro Assai 6:05

Concerto No. 7 In G Minor, BWV 1058
F1 1. [Allegro] 4:06
F2 2. Andante 6:12
F3 3. Allegro Assai 6:05

Concerto In C Minor For 2 Harpsichords & Orchestra, BWV 1060
F4 1. Allegro 5:05
F5 2. Adagio 4:54
F6 3. Allegro 3:45

Concerto In C Major For 2 Harpsichords & Orchestra, BWV 1061
G1 1. [Allegro] 7:07
G2 2. Adagio Ovvero Largo 4:20
G3 3. Fuga 5:55

Concerto In C Minor For 2 Harpsichords & Orchestra, BWV 1062
G4 1. [Allegro] 3:42
G5 2. Andante 6:17
G6 3. Allegro Assai 4:53

Concerto In D Minor For 3 Harpsichords & Orchestra, BWV 1063
H1 1. [Allegro Ma Non Troppo] 5:46
H2 2. Alla Siciliana 5:17
H3 3. Allegro 4:57

Concerto In C Major For 3 Harpsichords & Orchestra, BWV 1064
I1 1. Allegro 6:52
I2 2. Adagio 6:14
I3 3. Allegro 4:44

Concerto In A Minor For 4 Harpsichords & Orchestra, BWV 1065
I4 1. [Allegro] 4:00
I5 2. Largo 3:02
I6 3. Allegro 3:23

Triple Concerto In A Minor For Flute, Violin, Harpsichord & Orchestra, BWV 1044
J1 1. Allegro 8:52
J2 2. Adagio Ma Non Tanto E Dolce 6:46
J3 3. Alla Breve 7:27


bachnon.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

15:06  |  クラシック:古楽/バロック  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT