2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.03.14 (Tue)

Various/VA ‎– Another Year On The Streets Vol.3

CD+DVD/米盤/2004年/VR-0397-2

LAのインディ・レーベル、ヴェイグラント・レコードの10周年記念サンプラー。
サンプラーと言っても無料配布されているわけではなく、廉価で販売されている。
おまけでDVDもついているのでお買い得といえばお買い得。

現在はかなりレーベルの色合いが変化してしまったが
もともとはパンク、特にエモ系やポップパンクなどの
今風のパンク・バンドが主流を占めていて、
このコンピにもそういったバンド群が収録されている。

you tubeなどでいくらでも未知のバンドに無料で触れられる現在では、
こういったサンプラーはほとんど無意味な存在になってしまった。
(その無意味なものを何故買うのか、それを趣味というのだ)


曲目:
1 Down To Earth Approach -Exhibit Of The Year Voted #3
2 Hot Rod Circuit -Inhabit
3 Dashboard Confessional -Warmth Of The Sand
4 Alkaline Trio -Heaven Voted #1
5 Moneen -Pleasantly Saying The Most Terrible Things
6 Saves The Day -When It Isn't Like It Should Be
7 From Autumn To Ashes -Territorial Pissings (Live)
8 Seconds To Go -Day Lights
9 No Motiv -Meanwhile
10 Hey Mercedes -Roulette Systems
11 Audio Learning Center -New Cavalry
12 New Amsterdams -From California (Acoustic) Voted #2
13 Paul Westerberg -As Far As I Know
14 Get Up Kids -Like A Man Possessed
15 Rocket From The Crypt -Flight Of The Hobo


R-2274707-1273808555.jpg

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

14:47  |  V.A.  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.23 (Mon)

VA/Various ‎– Skullping : A Tribute To Gastunk(ガスタンク・トリビュート )

AD/国内盤/1999年/GT-006L

ガスタンクのカヴァーアルバム、
参加バンドで特に有名なのはココバット、バルザックあたりか。

ガスタンクは80年代に活躍したハードコア/スラッシュ・バンド、
当時はメジャーではなくともカリスマ的な人気を誇っていた。
(80年代のハードコアとスラッシュメタルは垣根が低く、
現在のような明確なジャンル分けはなされていなかった)

CDに押されてアナログレコードが壊滅状態だった1999年に
あえてアナログ盤をリリースして、果たしてどの程度売れたのだろう。
日本盤だが内周無音部分の刻印からすると海外プレスかも。


曲目:
1:DEVIL(DESSERT)
2:SEX(アグレッシヴ・ドッグス)
3:GERONIMO(ココバット)
4:IN THE FIRE(ジェロニモ)
5:胎児(SAD)(バルザック)
6:RUNNING TO THE SUN(デスマーチ艦隊+冠徹弥 with THE SECT)
7:Mr.GAZIME(THE STRUMMERS)
8:RED INDIAN’S ROCK(雷矢)
9:LEATHER SHIP(地下の覇者)(UP HOLD)
10:THE EYES(4 EMBALMER)


R-7732401-1447631023-6506.jpg

テーマ : Punk/Hardcore ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スラッシュ・メタル

20:04  |  V.A.  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.25 (Mon)

VA ‎– 70's West Japanese Rock Scene

CD/国内盤/1994年/9461

タイトルだけ見ると70年代の西日本のロックバンドのオムニバスに見える、
実際にはマーキーから出ていることから分かる通り、
70年代の西日本のプログレ・バンドのオムニバスだ。

カセットテープがマスターのデモ音源にしては
わりあいと聴ける音質だ。
元のカセットテープの保管状態が良かったのか
CD化にあたってのマスター処理のおかげか。

カセットテープというと音質が悪いという印象を持つ、
実際のところ、ミドルクラス(実売5万前後)のデッキで
自己録再した場合、ロックやポップス系であれば
CDとテープの差は極めて少なく、優秀な音質だった。
(初期のDATはカセットテープとの競争で苦労したくらいだ)

ブルース・スプリングスティーンの「ネブラスカ」が
タスカム(TEAC)の4トラマルチ・カセットテープで録音されたのは
けっこう有名な話だろう。

シェラザードと乱舞流のキーボードは永川敏郎、
カリスマのドラムは菅沼孝三、
天地創造はライヴハウス「バハマ」に
出演していたとライナーに記載あり、
心斎橋にあった「バハマ」はマンガ「愛してナイト」にも登場して
全国的に名の知られた、ロックの聖地の一つだった。

ヴォーカルの表現がいわゆるジャパニーズ・プログレ特有のもので、
そこにはどうしても好き嫌いが出てきてしまう、
とはいえ懐古趣味で済ませてしまうにはちょっと勿体無い音源だ。


曲目:
01. 涙の中へ / SCHEHERAZADE
02. 陽炎の町 / 乱舞流
03. 赤と黒の戦い / CHARISMA
04. 人造人間 / ROUND HOUSE
05. ドクター・マッコイ / 天地創造
06. セレナーデ / 魔璃鴉
07. 少年期~時の崖 / SCHEHERAZADE


R-8502680-1464962851-2543.jpg

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック プログレ

17:35  |  V.A.  |  EDIT  |  Top↑

2016.02.10 (Wed)

V.V.A.A. (Rome & Milan 1989) ‎– A Guitar Night In Italy

CD/イタリア盤/プレス年度不明/AS-21

Rome & Milan 1989しか情報がない怪しさ満点、
All Of Usという海賊盤レーベルからのリリース。

豪華メンバーが集結したイベント・コンサートのようで、
ウィッシュボーン・アッシュのテッド・ターナーとアンディ・パウエル、
フィル・マンザネラにフォーカスのヤン・アッカーマン、
マウンテンのレスリー・ウエスト、スティーヴ・ハンターなど、
よくまあこれだけのメンツを集めたものだ。

おそらくなんらかのオフィシャルな形で録音されたものだろう、
(FM放送用とかTV放送用の音声部分とか)
正規盤と言われても問題のない音質だ。


曲目:
1 The Idler
2 Dr. Brown I Presume
3 Your´re Lost Little
4 Hey Joe
5 Theme From An Imaginary Western
6 In The Skin
7 Hey Man
8 Sylvia
9 Hocus Pocus
10 Instrumental
11 Road House Blues


R-5823507-1403685734-4138.jpg

テーマ : ハードロック ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック プログレ

17:47  |  V.A.  |  EDIT  |  Top↑

2016.02.04 (Thu)

Various ‎– Angelica

CD/国内盤/1998.2.25/AMCY-2545

女性ヴォーカルによるクラシック曲の
ポップスカヴァー・プロジェクト。

あのクリフ・マグネスが中心人物ということで
爽やかなAOR調を期待するとちょっと肩透かし、
プログラミング、いわゆる打ち込みが多用されていて
いまひとつ、感触として馴染めない部分がある。

参加メンバーは超豪華、マグネス自身もギターを弾いているし、
スティーヴ・スティーヴンスやVAI、デヴィッド・フォスター、
エリック・ジョンソン、ドゥイージル・ザッパと錚々たるメンツだ。

音楽としての出来はともかく、
メンバーの豪華さでコレクションしておきたくなる。


曲目:
1 –Sewell Griffith O Mio Babbino Caro 4:22
2 –The Boys Choir Of Harlem, David Foster Jesu, Joy Of Man's Desiring 4:02
3 –Sewell Griffith Un Bel Di 4:42
4 –Lori Stinson, Steve Vai Der Holle Rache (Queen Of The Night) 2:59
5 –Rebecca Semrau Io Son L'umile Ancella 4:02
6 –Lori Stinson, Eric Johnson (2) Ave Maria 5:08
7 –Anita DeSimone, Steve Stevens, Lyle Workman Caro Nome 6:38
8 –Julia Bonilla O Divine Redeemer 3:39
9 –Rebecca Semrau, Charles Castronovo O Soave Fanciulla 3:00
10 –Julia Bonilla Panis Angelicus 3:04
11 –Anita DeSimone, Dweezil Zappa Quando M'en Vo 5:33


R-5711909-1400610752-2835.jpg

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

03:40  |  V.A.  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT