2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.03.13 (Mon)

XTC ‎– The Compact XTC - The Singles 1978-85

CD/米盤/1985年/CAR-86476

アマゾンでハードコア・バンドのCDを買ったら
なぜかこのXTCのシングル音源集が届いた。
返品交換は手間を考えるとめんどくさいし
CDなんて音が出ればなんでも一緒だからそのまま受け取りました。

XTCはイングランドのニューウェイヴ/ポップ・ロックの大御所、
過去に1枚、アルバムを取り上げている。

前述の通りシングル音源集で、リリース年度順に収録されているため、
「Science Friction」が一番古い音源、「Wake Up」が一番新しい音源、
あれこれ曲順をいじるより、いっそいさぎよくてよろしい。

ちょっと細かいことを言うと、「Science Friction」は1977年リリースなので、
このアルバムのタイトルにある「1978-1985」は間違っている?


曲目:
Science Friction 3:14
Statue Of Liberty 2:26
This Is Pop? 2:40
Are You Receiving Me? 3:04
Life Begins At The Hop 3:47
Making Plans For Nigel 3:54
Wait Till The Boat Goes Down 4:35
Generals And Majors 3:42
Towers Of London 4:39
Sgt. Rock (Is Going To Help Me) 3:37
Senses Working Overtime 4:35
Ball And Chain 4:31
Great Fire 3:51
Wonderland 4:03
Love On A Farmboy's Wages 4:00
All You Pretty Girls 4:00
This World Over 4:47
Wake Up 3:44


R-5175444-1386565409-7816.jpg

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

19:31  |  X  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.27 (Wed)

Tush - Waiting for the Storm Tush

CD/国内盤/1993.10.27/XRCN-1062

ドイツの正統派パワーメタル、唯一の音源。
いわゆるハロウィン・スタイルのジャーマン・メタルではなく、
もっと古臭い、むかしながらのメタルだ。

メンバーは全員消息不明、結成は1982年、
実に結成から10年たってのデビュー・アルバムということになる、
デビューして満足して解散したのか、
実は今でも細々と活動を続けているのか。
(月に一度集まって練習して、一年に一度ライヴ、
という状態で存続しているバンドは決して珍しくない)

ライナーによるとバンド名はZZ-TOPとは無関係、
言葉の響きが気にいったから使ったとある、
実際、ZZ-TOPとはまったく共通点のない音楽性だ。

メタルコレクターで、B~C級メタルを好きで収集している、
という人向けのアルバム。


曲目:
1. Hold on to Your Dreams 04:36
2. Waiting for the Storm 06:06
3. All the Way 04:53
4. Eve of Sunrise 06:33
5. No More Tomorrow 05:29
6. The Valley (Intro) 01:07
7. Never Again 06:00
8. Lucifer's Glory 07:33
9. Long Live Rock 'n' Roll (Rainbow cover) 03:15


Tush - Waiting for the Storm Tush

テーマ : ジャーマンメタル ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM ジャーマン・メタル

17:54  |  X  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.12 (Fri)

Xentrix - Kin

CD/オランダ盤/1992年

イギリスのスラッシュ3作目。4人編成での最後の作品。
この後、メンバー・チェンジを経て、4作目をリリースして解散する。

ミドルテンポの曲が中心、
売れ線になってからのメタリカに近い路線で、
古参スラッシュ・ファンから見放されてしまった。


曲目:
1. Order of Chaos
2. Friend to You
3. All Bleed Red
4. No More Time
5. Waiting
6. Come Tomorrow
7. Release
8. See Through You
9. Another Day

Xentrix - Kin

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スラッシュ・メタル

04:07  |  X  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.12 (Fri)

Xentrix - For Whose Advantage?

CD/国内盤/1990.11.21

イギリスのスラッシュ、セカンド。
ストレートなスラッシュだったデビュー作に比較して
曲の構成が複雑になり、結果として爽快感が減退した。

ギターのKristian Havardは、
メンバーショットではIan Havardと表記されている。
そのメンバー・ショットで使っているギターは
日本製のシャーベルじゃないか。
(ヘッドロゴやピックアップから、日本製と推測出来る)


曲目:
1. Questions
2. For Whose Advantage?
3. Human Condition
4. False Ideals
5. Bitter End
6. New Bedinnings
7. Desperate Remedies
8. Kept in the Dark
9. Black Embrace
10. Running White Faced City Boy
Ghostbusters(国内盤ボーナス)


Xentrix - For Whose Advantage

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スラッシュ・メタル

03:55  |  X  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.12 (Fri)

Xentrix - Shattered Existence

CD/国内盤/1989.11.5

プレストンのスラッシュ、デビュー作。
ハードロック/ヘヴィ・メタルはイギリスの文化であるのに対して、
スラッシュ・メタルはアメリカの音楽であり、
イギリスからは大物スラッシュ・バンドは登場することが無かった。

そんな中、スラマーやオンスロートなどとともに、
そこそこ期待されていたのが、このゼントリックスだ。
「ゴースト・バスターズ」のカヴァーで話題になったのに、
路線変更して売れ線狙いになってからのメタリカの音に近接、
これといった成果も成功も得られずに消滅した。

ストレートで単純なスラッシュをやっているこのデビュー作が、
解散までにリリースした4枚のアルバムの中で
最も良いアルバムだというのが、ちょっと切ない。
国内盤はなぜかジャケ違いだった。


曲目:
1. No Compromise
2. Balance of Power
3. Crimes
4. Back in the Real World
5. Dark Enemy
6. Bad Blood
7. Reasons for Destruction
8. Position of Security
9. Heaven Cent

DSC02981.jpg

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スラッシュ・メタル

03:11  |  X  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT