2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.08.17 (Thu)

Wings – Wings At The Speed Of Sound

CD/国内盤/1993.7.28/TOCP-7857

デジタル・リマスターの表記あり、
リマスター前の盤を持っていないので比較はできない。
12.13.14はレコードには未収録のボーナストラック。

オリジナルは1976年リリース、
現在の感覚からすると不思議に思えるかもしれないが、
この当時のWINGSはまさに絶頂期、
ビートルズ以上の絶大な人気を博していた。

ポール以外のメンバーが歌う曲が多く収録され、
WINGS最大のヒット作にも関わらず異色作の雰囲気が漂う。
アルバムタイトルは今となってはなんとなくスラッシュメタルみたい。


曲目:
1 Let 'Em In
2 The Note You Never Wrote
3 She's My Baby
4 Beware My Love
5 Wino Junko
6 Silly Love Songs
7 Cook Of The House
8 Time To Hide
9 Must Do Something About It
10 San Ferry Anne
11 Warm And Beautiful
12 Walking In The Park With Eloise
13 Bridge Over The River Suite
14 Sally G


7857.jpg

テーマ : ロック ジャンル : 音楽

16:39  |  W  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.03 (Thu)

Windmills By The Ocean ‎– Windmills By The Ocean

AD/米盤/2006年/ROBO-066

ボストンのバンドのデビュー作、
ジャンルとしてはモダンロックとかポストロックあたり、
ストーナーやスラッジ、DOOMといっても通じるだろう。

デビュー作とは言え、メンバーはみな、
それなりにキャリアのある人ばかり、
有名所ではISISのBryant C. Meyerが参加している。

2003年録音を2005年にMIX、
マスタリングして実際にリリースされたのが2006年、
ずいぶんと時間がかかっている。

全曲歌無しのインスト・バンド、
かなり強力な演奏、マニア受けしそうな音作り、
ライヴは更に凄そうだ。


曲目:
A1 Undecided
A2 Blasphemy
A3 I Try
B1 Disintegrating
B2 Blood On Our Souls

Windmills By The Ocean ‎– Windmills By The Ocean

テーマ : ロック ジャンル : 音楽

タグ : DOOM ドゥーム

16:40  |  W  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.23 (Mon)

Whitesnake ‎– Whitesnake(サーペンス・アルバス/白蛇の紋章)

AD/国内盤/1987.4.22/28AP-3310

超ヒットして、ホワイトスネイクをマニア受けする地味なバンドから、
ド派手なパーティ・バンドに押し上げた記念碑的作品。

アルバムリリース時点で、ヴォーカルのカヴァディール以外の
サイクス、ダンバー、ニール・マーレイは脱退済みという
けっこう滅茶苦茶な状態だったにもかかわらず売れた、
マネージメントの力が大きかった80年代という時代らしいエピソードだ。

一説によると、サイクスはこのアルバムの印税だけで
死ぬまで遊んで暮らせるとか。

アルバムチャートでは最高位2位、
1位がとれなかったのはマイケル・ジャクソンの「BAD」が
居座っていたからで、本作がどれだけ売れたかがよくわかる。


曲目:
A1 Crying In The Rain
A2 Bad Boys
A3 Still Of The Night
A4 Here I Go Again
B1 Give Me All Your Love
B2 Is This Love
B3 Children Of The Night
B4 Straight For The Heart
B5 Don't Turn Away

R-2279185-1274072091.jpg

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

20:53  |  W  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.06 (Fri)

Wrabit ‎– West Side Kid

AD/米盤/1983年/MCA-39005

今ではほぼ忘れ去られた存在と言って良いカナダのバンドの3作目。
AORとかプログハードとか産業ロックとか、
そういった言葉で表現される音楽で、
1982年のセカンドは日本で再発CDが出てほんの少しだけ話題になった。

ジャケットにはプレミアムエディション6.98ドル、スペシャル・プライスと
後付のシールや刻印ではなく、印刷されている。
だいたい1ドル250円くらいだったはずだから1750円、
日本ではレコード1枚2500円~2800円なので、
いかに日本のレコードが高額かが良くわかる。

カナダのバンドらしくどこか垢抜けない野暮ったい感じがあって
逆にそこが魅力になっている。
80年代前半にアルバム3枚をリリースして消滅、
3枚とも好盤なので、マニアなら抑えておきたい。


曲目:
A1 Waiting 2:57
A2 Hold On To Me 3:01
A3 Say Lady Say 4:02
A4 Piece Of The Action 3:25
A5 Sing Boy 3:08
B1 Young Girl 3:17
B2 Cry Cry Cry 4:07
B3 Lin 3:56
B4 Best Of Love 4:13
B5 West Side Kid 3:32


R-2644780-1296048352.jpg

テーマ : 洋楽 ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック

16:30  |  W  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.10 (Thu)

Willie Alexander & The Boom Boom Band ‎– Willie Alexander & The Boom Boom Band

AD/米盤/1978年/MCA-2323

ルー・リード脱退後のヴェルヴェット・アンダーグラウンドに
短期間在籍したことで知られる
ウィリー・アレクサンダーのソロ・プロジェクトのデビュー作。

ジャンルとしては何になるのか、
時期的にニューウェイヴということになるのか、
今だったらガレージロックと呼ばれそうなサウンドだ。

70年代のバンドらしい、音の太さが魅力、
今の若手バンドはどことなく線が細く、
こういった太い音を出せないようだ。


曲目:
You've Lost That Lovin' Feelin' 4:53
Rock & Roll '78 4:33
Everybody Knows 3:43
Look At Me 3:21
Radio Heart 3:38
You Beat Me To It 2:40
Hair 3:38
Looking Like A Bimbo 3:12
Home Is 3:13
Kerouac 4:09


R-2079355-1297206930.jpg

テーマ : 洋楽 ジャンル : 音楽

19:43  |  W  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT