2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.10.08 (Sun)

Ulysses ‎– The Gift Of Tears

CD/オランダ盤/2008年/SYM-CD0801

オランダのプログ・メタル、おそらくセカンド。
ドリームシアターあたりに影響を受けたというか
レヴェルの低いパクリと言うか。
メタル色は若干薄め、どちらかというと古臭いスタイルの
プログレやポンプの色合いが強い。

端的に言ってヴォーカルが弱すぎる、
もうちょっとマシなヴォーカルが加入したら
けっこう印象が変わりそうだ。


曲目:
1 Family Portrait 8:56
2 Guardian Angel 9:10
3 Lost 6:33
4 How Much More 12:14
5 Silence Of The Night 2:46
6 The Gift Of Tears 7:07
7 Anat 14:52


Ulysses ‎– The Gift Of Tears

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM プログレ プログメタル

04:39  |  U  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.08 (Fri)

UFO ‎– Heaven's Gate (Live)

CD/カナダ盤?/1995年/GCD-347-2

アトミック・トミー・M在籍時のライヴ・アルバム。
確か、ジムコから出ていた「MISDEMEANOR TOUR」と
同内容だったんじゃないか、
記憶があやふやで確認を取ろうとしたが
「MISDEMEANOR TOUR」のCDが見当たらないので諦めた。

1986年オックスフォードでの収録(と記載されている)、
見るからに海賊盤と言った怪しい雰囲気だが
いちおうオフィシャル音源で音質もまとも。


曲目:
1 Heaven's Gate
2 Chase
3 This Time
4 Mean Streets
5 Name Of Love
6 Only Ones
7 Wreckless
8 Night Run
9 Only You Can Rock Me
10 Doctor Doctor


R-3402239-1452736665-2004.jpg

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM ライヴ・アルバム ロック マイケル・シェンカー

04:13  |  U  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.03 (Sun)

U2 ‎– How To Dismantle An Atomic Bomb

CD+DVD/国内盤/2004.11.17/UICI-9007

通算11作目、おまけDVDは未見、
この手のおまけDVDを実際に観ている人はどれくらいいるんだろう、
観ていない人のほうが多いんじゃないか。

12は日本盤とUK盤のみのボーナストラックとなっているが、
実はこの12が収録されていないヴァージョンのほうが珍しい?
というくらい、あちこちのヴァージョンに収録されている。
11の後に意図的に曲間を開けて収録されているので
アーティスト側としてはボーナスと考えているのは間違いない。

前作同様、一時期の「ヘンな世界観」のU2からは離脱して、
曲によってはやや初期を思わせる雰囲気になっている。
長ったるいアルバムタイトルはどうにかならなかったのか。


曲目:
Vertigo 3:13
Miracle Drug 3:54
Sometimes You Can't Make It On Your Own 5:05
Love And Peace Or Else 4:48
City Of Blinding Lights 5:46
All Because Of You 3:34
A Man And A Woman 4:27
Crumbs From Your Table 4:59
One Step Closer 3:48
Original Of The Species 4:34
Yahweh 4:22
Fast Cars 3:42

Documentary
DVD-01 U2 And 3 Songs (Video) 20:11
Bonus Videos
DVD-02 Sometimes You Can't Make It On Your Own (Studio Performance) (Video Performed At HQ) 5:08
DVD-03 Crumbs From Your Table (Video Performed At HQ) 4:59
DVD-04 Vertigo (Temple Bar Mix) (Video Performed At HQ) 3:07
DVD-05 Sometimes You Can't Make It On Your Own (Acoustic Couch Mix) (Video Performed At HQ) 4:43
DVD-06 Vertigo (Video Performed At HQ) 3:22


R-1163512-1258278969.jpg

テーマ : ロック ジャンル : 音楽

タグ : ロック

15:04  |  U  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.31 (Thu)

U2 ‎– All That You Can't Leave Behind

CD/国内盤/2000.10.25/UICI-1002

1991年の「Achtung Baby」あたりから
ヘンな方向に行っていたU2が、
ややまともになるきっかけとなったアルバム。
ソフトロックと言うかアダルト向けというか、
それでも初期の雰囲気が戻って来てはいる。

ラストの「The Ground Beneath Her Feet」はボーナストラック、
サルマン・ラシュディの作品中に登場する詞にU2が曲をつけたもの。
ラシュディの「悪魔の詩」を日本語訳した翻訳者が
刺殺された事件を憶えてる人もけっこういるんじゃないか。


曲目:
Beautiful Day 4:06
Stuck In A Moment You Can't Get Out Of 4:32
Elevation 3:46
Walk On 4:55
Kite 4:23
In A Little While 3:37
Wild Honey 3:45
Peace On Earth 4:46
When I Look At The World 4:15
New York 5:28
Grace 5:31
The Ground Beneath Her Feet

R-472514-1399577036-4686.jpg

テーマ : ロック ジャンル : 音楽

タグ : ロック

19:20  |  U  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.13 (Tue)

U.F.O./UFO ‎– The Wild, The Willing And The Innocent

AD/国内盤/1981年/WWS-81401

Mシェンカー脱退、ポール・チャップマンが加入しての2作目、
キーボードのポール・レイモンドが脱退(MSGに加入)、
後任としてニール・カーターが参加している。

NWOBHMの時期ということもあってヘヴィメタルに接近したサウンド、
(ただしヘヴィメタルと言っても80年代のヘヴィメタル)
このメタル路線は次作「メカニックス」にも継承されている。

新加入のNカーターは本作では作曲面には未参加、
とはいえ、かなりキーボードが使われているので、
クレジットこそされていないものの貢献度は高い。


曲目:
A1 Chains Chains 3:25
A2 Long Gone 5:18
A3 The Wild The Willing And The Innocent 5:00
A4 It's Killing Me 4:28
B1 Makin' Moves 4:44
B2 Lonely Heart 5:00
B3 Couldn't Get It Right 4:32
B4 Profession Of Violence 4:18

R-5073361-1407501454-7157.jpg

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

19:15  |  U  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT