2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.09.08 (Fri)

Ozzy Osbourne - No More Tears

CD/国内盤/1991.9.26/SRCS-5580

過去に1995年デジタルリマスター盤で紹介済み。
今回取り上げるのはオリジナルリリース時の日本盤CD、
当然デジタルリマスターされていないが、
リマスター米盤が全11曲なのに対して
こちらはボーナス2曲を含む全13曲という点が重要。

もっとも現在は2002年リマスターの国内盤を買えば
リマスターされていてなおかつ全13曲収録の
ヴァージョンを入手できるので、それを買うのがお利口さん。


曲目:
Mr. Tinkertrain 5:55
I Don't Want To Change The World 4:05
Mama, I'm Coming Home 4:11
Desire 5:46
No More Tears 7:23
S.I.N. 4:47
Hellraiser 4:52
Time After Time 4:20
Zombie Stomp 6:13
A.V.H. 4:13
Road To Nowhere 5:10

Don't Blame Me
Party With The Animals


Ozzy Osbourne - No More Tears

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM ロック ドゥーム DOOM

03:24  |  O  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.31 (Thu)

OST ‎– Glee: The Music, Season One, Volume 2/グリー 踊る♪合唱部!?Volume 2

CD/国内盤/2011.1.1/SICP-2985

アメリカのTVドラマ、gleeのサントラ、
たしかNHKで放送していたから観ていた人も多いんじゃないか、
ドラマそのものは好みではなかったので、あまり観ていない。

このドラマの最も大きな功績は、
ジャーニーの「ドント・ストップ・ビリーヴィン」を取り上げたこと、
元曲までもが再度チャート入りし、当時以上に売れてしまった。
結果として80年代洋楽黄金時代の再評価にもつながり、
90年代グランジオルタナ・ムーヴメントによって
不当な扱いを受け続けていたバンド群の復活にも一役買ったわけだ。

1980年代の楽曲を中心に、新しいところだと
90年代が3曲、2000年以降も2曲、収録されている。
ハイライトは10の「トゥルー・カラーズ」あたりだろうか、
この曲はテレンス・スタンプ主演の「アンコール!!」でも
使われていて、もはやスタンダード・ナンバーと言える。

18と19は日本盤ボーナス。日本盤ボーナスと言いつつ
デジパックや欧州盤などに収録されていたりすることが
珍しくないが、この2曲は、本当に日本盤のみのようだ。


曲目:
1. "Proud Mary" John Fogerty Creedence Clearwater Revival 3:43
2. "Endless Love" Lionel Richie Diana Ross and Lionel Richie 4:25
3. "I'll Stand by You" Chrissie Hynde, Tom Kelly, Billy Steinberg The Pretenders 3:51
4. "Don't Stand So Close to Me / Young Girl" Sting / Jerry Fuller The Police / Gary Puckett & The Union Gap 2:28
5. "Crush" Andy Goldmark, Mark Mueller, Berny Cosgrove, Kevin Clark Jennifer Paige 3:23
6. "(You're) Having My Baby" Paul Anka Paul Anka and Odia Coates 2:47
7. "Lean on Me" Bill Withers Bill Withers 4:17
8. "Don't Make Me Over" Burt Bacharach, Hal David Dionne Warwick 3:25
9. "Imagine" John Lennon John Lennon 2:23
10. "True Colors" Tom Kelly, Billy Steinberg Cyndi Lauper 3:34
11. "Jump" Alex Van Halen, David Lee Roth, Eddie Van Halen and Michael Anthony Van Halen 3:57
12. "Smile" Lily Allen, Iyiola Babalola, Darren Lewis Lily Allen 3:14
13. "Smile" Charlie Chaplin, John Turner, Geoffrey Parsons Charlie Chaplin 3:01
14. "And I Am Telling You I'm Not Going" Tom Eyen, Henry Krieger Jennifer Holliday in the musical Dreamgirls 4:06
15. "Don't Rain on My Parade" Jule Styne, Bob Merrill Barbra Streisand in the musical Funny Girl 2:47
16. "You Can't Always Get What You Want" Mick Jagger, Keith Richards The Rolling Stones 3:27
17. "My Life Would Suck Without You" Max Martin, Dr. Luke, Claude Kelly Kelly Clarkson 3:31
18. ハロー、アイ・ラヴ・ユー (ボーナス・トラック)
19. ザ・ボーイ・イズ・マイン featuring メルセデス&サンタナ (ボーナス・トラック)


R-2279260-1350800699-5454.jpg

テーマ : ロック ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック ロック

17:36  |  O  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.16 (Sun)

Orion The Hunter ‎– Orion The Hunter

CD/米盤/1995年/RE-2073

ボストン人脈にもかかわらず
あまり話題にならなかったAORバンド、唯一のアルバム(1984年)。
いままでずっと、Orionがバンド名で
The Hunterがアルバム名だと思いこんでいたら、
「Orion The Hunter」がバンド名だった。

上述の通り、ボストンのギターのBarry Goudreau、
同じくボストンのヴォーカルのFran Cosmoの二人が中心メンバー。
初期にはこれもボストンのBrad Delpも参加していたようで
楽曲クレジットに彼の名前が存在する。

素晴らしい出来栄えのメロディアス・ロックだが、
ボストンのような成功をおさめることはできなかった。
ボストンやASIA、ジャーニー、TOTOあたりのファンだったら
絶対に買っておいたほうが良い。


曲目:
All Those Years 4:38
So You Ran 5:05
Dreamin' 5:25
Dark And Stormy 5:12
Stand Up 5:16
Fast Talk 4:13
Too Much In Love 3:48
Joanne 4:26
I Call It Love 3:51


R-2310617-1276057448.jpg

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック

02:52  |  O  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.20 (Fri)

Outrage ‎– Black Clouds

AD/国内盤/1988.4.25/28MM-0631

過去にCDで取り上げ済み、アウトレイジのデビュー作。
このアルバムは、オリジナルのCD/AD、
ステファン・カウフマンによるリミックス盤、
デジタル・リマスター盤が存在、
残念ながらすべて買うほどのマニアではございません。

今回取り上げるのは日本盤アナログ、
型番からわかるように定価2800円だった。

アナログならではの緩く膨らんだ低域が迫力を演出する、
ただ、無理してアナログを買う必要があるかと問われたら
素直にCDでいいんじゃないかとこたえます。

アウトレイジはこのファーストとセカンドの「Blind To Reality」までは
アナログ盤がリリースされていた、サードからはCDオンリーだったはず。


曲目:
A1 Curtain Of History
A2 Under Control Of Law
A3 Slowly But Surely [Flower Travellin' Band cover]
A4 Black Clouds
B1 Bring Him Back
B2 Eos
B3 Edge Of Death
B4 Peyote


Outrage ‎– Black Clouds

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スラッシュ・メタル

20:41  |  O  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.13 (Tue)

Pat Torpey ‎– Odd Man Out - y2k

CD/国内盤/1999.11.25/VACM-1148

日本ではパット・トーピー名義でリリースされているが
実際にはオッド・マン・アウトというソロ・プロジェクト。
通算2作目だが、まとめてレコーディングした音源を
時期を変えてファースト、セカンドと分割してリリースしただけらしい、
参加メンバーなどから、ほほ間違いないと思われる。

パットのヴォーカルを中心とした歌ものロック・アルバム、
パワーポップ調からややグランジーなものまで
幅広いのに統一感がある。

元々は韓国の会社との契約だったようで
裏ジャケにサムスン・ミュージックのロゴがある。
サムスンとの話がポシャって日本のレコード会社と契約したらしい。

帯裏にレニー・コードラが「ラニー・コルドラ」と記載されている、
しかしライナーノーツでは「レニー・コードラ」と表記されている。
どっちが正しいということではなく、
どちらかに表記を統一すべきじゃないか。


曲目:
1 Falling Of The Sun
2 Low Bottom Savior
3 Man On The Ground
4 On a Bender
5 Hell On Higwater's Son
6 QP Doll
7 The River
8 Circus Of Circumstances
9 Dilemma

Bonus Track
10 Ain't That a Shame


odd.jpg

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

20:06  |  O  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT