2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.09.07 (Thu)

M.Ill.Ion ‎– We, Ourselves & Us

CD/国内盤/1995.9.21/VICP-5627

スウェーデンのアリーナロック・バンド、セカンド。
オリジナルのスウェーデン盤は
牛だかなにかの動物の写真を使った史上最悪のジャケットで、
この日本盤ではメンバー写真に変更されている。

はなやかだったデビュー作よりやや落ち着いて、
ほんの少しヘヴィネスが増した感じ、
ヴォーカルの表現力も向上している。
レコーディングはスウェーデン国内の有名スタジオを使用、
前作よりもカネをかけることが出来たようだ。

80年代洋楽全盛時代のあの音を見事に継承している、
日本盤ライナーはベースのBJ・ラネビーが担当、
ファーストのリリースまで振り返っての近況や
アルバム制作について、そして楽曲解説など盛りだくさん、
出来れば日本盤で入手したいアルバムだ。


曲目:
1 Burn In Hell
2 Dr. Lööv
3 Tear Down The Walls
4 Judgement Day
5 Stone Cold Killer
6 Take Me Home
7 Lovely Eyes
8 Mother Earth
9 Never Again
10 Follow The Trends
11 Is It Too Late

R-8543127-1463725754-9803.jpg

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM スウェーデン 北欧メタル ロック

22:57  |  M  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.07 (Thu)

M.Ill.Ion ‎– No. 1

CD/ベルギー盤?/1991年/CD-93001

スウェーデンのメタル・バンド、デビュー作。
今の言葉だと「アリーナ・ロック」とか、そういったところになるのか、
もっとも「アリーナロック」と呼ばれるバンドでも
アリーナでやるほどの人気はないバンドが多いのは皮肉なことです。

スウェーデンのバンドなのにレコーディングはなぜかデンマーク、
デンマークのスタジオのほうが安く借りられたのだろうか。

アルバム数枚で消え去るかと思いきや
地道に活動を続けてきている、
ただ、バンドのHPは消えているし、
フェイスブックも2015年が最終更新だから、
解散はしていないものの活動休止中?

80年代洋楽ヘビメタ全盛期のバンド群から影響を受けたであろう、
派手で華やかな音、これはこれで悪くない。


曲目:
1 Sign Of Victory
2 Lovers
3 Time After Time
4 90-60-90
5 Live It Or Leave It
6 Winds Of Change
7 Tomorrow
8 Desperate Love
9 Hold Me Touch Me
10 The Poseur
11 Take It To The Limit
12 I Wanna Know


R-4116100-1415777142-4518.jpg

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM 北欧メタル スウェーデン ロック

19:44  |  M  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.01 (Fri)

Michael Bolton ‎– Greatest Hits: 1985 - 1995

CD/国内盤/1995.9.21/SRCS-7817

バラード・シンガーのベスト・アルバム。
出せばなんでもヒットするという飛ぶ鳥を落とす勢いだった時期で、
CD不況に伴って売上面ではあまり話題に上らなくなったが
コンサート活動などは今でも積極的に行っているようだ。

初期にはハードロック/メタル系のシンガーとして活動していたが
その頃は鳴かず飛ばず、ポップス志向となってヒットメイカーになった。

ベスト盤なのに5曲も新録が収録されている、
良心的と言って良いのではないでしょうか。


曲目:
Soul Provider 4:26
(Sittin' On) The Dock Of The Bay 3:53
How Am I Supposed To Live Without You 4:15
How Can We Be Lovers 3:56
When I'm Back On My Feet Again 3:49
Georgia On My Mind 4:58
Time, Love And Tenderness 4:18
When A Man Loves A Woman 3:51
Missing You Now 4:25
Steel Bars 3:29
Said I Love You... But I Lied 5:01
Lean On Me 4:21
Can I Touch You... There? 5:17
I Promise You 5:21
I Found Someone 3:53
A Love So Beautiful 4:07
This River 5:15


R-1073436-1191298210.jpg

テーマ : ロック ジャンル : 音楽

タグ : ロック ハードロック

20:11  |  M  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.01 (Fri)

Masquerade ‎– Masquerade

CD/国内盤/1992.12.9

スウェーデン出身、北欧メタルバンドのデビュー作。
有り体に言って、全盛期のTNTと瓜二つのサウンド、
しかもけっこう出来が良い、ヴォーカルも巧い。

ところが2作目でいきなり方向転換して大失速、
そのまま消え去ったのかと思っていたら
現在まで地道に活動を続けているようだ。
(ファーストから25年間でアルバムを4枚しか出していない)

なにしろグランジ・オルタナ真っ盛りの1992年デビューで、
どれだけ良いアルバムを作っても生き残るのは難しい時代だった。
なお、国内盤にはステッカーが付いていた。


曲目:
1 Gimme All Your Love 4:54
2 Four Letters Words 3:50
3 Our Time Has Come 4:52
4 Sudden Love Affair 5:00
5 Ride With The Wind 3:59
6 Dawning Of The Day 4:53
7 Le Baugeux De Triomphe 0:48
8 Wild Child 4:09
9 Dancin' On The Edge 4:17
10 Liaison 0:33
11 Justice 3:26
12 All Night All Day 4:42
13 Give It A Shot 4:07
14 Lonely World 2:50


R-4496048-1366540262-9840.jpg

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM 北欧メタル スウェーデン

14:25  |  M  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.27 (Sun)

Memento Mori ‎– Life, Death And Other Morbid Tales

CD/独盤/1994年/BMCD-51

スウェディッシュ・ドゥームの2作目。
前作と同路線のキャンドルマス・スタイルのDOOMを演奏している。

ヴォーカルがキャンドルマスのメサイア・マコーリンで
彼の存在が注目されがちだが
実際にはヘクセンハウスのギターのマイク・ウィードと
マーシフル・フェイトのドラムのスノーウィ・ショウがバンドの中心、
特にマイク・ウィード色が強く、
キャンドルマス+ヘクセンハウスといった雰囲気が濃厚。

スノーウィ・ショウは多彩な人で、ドラムにもかかわらず
本作でも3曲で作詞作曲を手掛け、
他のバンドではベースやヴォーカルを担当することもある。


曲目:
To Travel Within
The Passage...
A Passenger On Psycho's Path
I Am
Misery Song
Just Another Morbid Tune
My Secret Garden
Crown Of Thorns
Heathendom


R-1106274-1192980827.jpg

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM 北欧メタル スウェーデン DOOM ドゥーム

11:26  |  M  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT