2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.09.27 (Wed)

Kiss ‎– Hot In The Shade

AD/米盤/1989年/838-913-1

全15曲でほぼ1時間、CD時代に対応したKISSのアルバム。
ドッケンやデフ・レパードなども
軒並み長時間のアルバムをリリースしていた時代だった。

しかしアナログ盤は収録にあたって
カッティングレヴェルを下げざるを得なくなり、音質面で不利になった。
(大雑把に言うと、レコードは収録時間が長くなるほど音質が落ちる)
本盤はあきらかにCD優位、アナログで聴くメリットは薄い。

KISSの歴史の中でも特にポップで売れ線志向の1枚、
デズモンド・チャイルドなどの外部ソングライターと組んで
典型的な80年代洋楽サウンドを展開している。
ヘビメタ嫌いな人でもこのアルバムなら聴けるんじゃないか。

メイクをするKISSに戻ってからはほぼ黙殺されているアルバムだが、
70年代絶頂期のアルバムに勝るとも劣らぬ好盤。


曲目:
A1 Rise To It 4:08
A2 Betrayed 3:38
A3 Hide Your Heart 4:25
A4 Prisoner Of Love 3:52
A5 Read My Body 3:48
A6 Love's A Slap In The Face 4:04
A7 Forever 3:52
A8 Silver Spoon 4:38
B1 Cadillac Dreams 3:44
B2 King Of Hearts 4:26
B3 The Street Giveth And The Street Taketh Away 3:34
B4 You Love Me To Hate You 4:00
B5 Somewhere Between Heaven And Hell 3:52
B6 Little Caesar 3:08
B7 Boomerang 3:30


hot in the shade kiss

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM ロック

18:47  |  K  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.17 (Sun)

Killers - Murder One

AD/独盤/1992年/PL-90643

過去に国内盤CDで紹介済み、今回取り上げるのは独盤AD。
1992年というと日本ではレコードは死滅してCD時代だったが、
海外ではまだ生き残っていた時期。

アナログらしく押し出しが強く猥雑な音、
渾然一体とまでは行かずに意外とクリアさもある、
この音だったらCDよりレコードで聴くのもアリだ。


曲目:
A1 Impaler
A2 The Beast Arises
A3 Children Of The Revolution
A4 S & M
A5 Takin' No Prisoners
B1 Marshall Lokjaw
B2 Protector
B3 Dream Keeper
B4 Awakening
B5 Remember Tomorrow

Killers - Murder One

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM NWOBHM

20:59  |  K  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.08 (Thu)

Keith Emerson ‎– Inferno (Original Soundtrack)

AD/国内盤/1981年/28MM-0008

過去にイタリア盤リマスターCDで紹介済み、
今回取り上げるのは日本盤アナログ。

CDとはかなり音が違う、
リマスターCDの方が整音されたきちんとした音、
アナログはちょっと騒がしい印象。

ロック系の日本盤アナログのメリットは盤質が良いこと、
その反面、外盤の持つ生々しさが欠けるものが多く、
単に盤質が良いだけなら、ノイズ面で有利なCDで聴けば良いとも言える。


曲目:
A1 Inferno (Main Title Theme)
A2 Rose's Descent Into The Cellar
A3 Taxi Ride (Rome)
A4 The Library
A5 Sarah In The Library Vaults
A6 Bookbinder's Delight
A7 Rose Leaves The Apartment
A8 Rose Gets It
B1 Elisa's Story
B2 A Cat Attic Attack
B3 Kazanian's Tarantella
B4 Mark's Discovery
B5 Mater Tenebrarum
B6 Inferno Finale
B7 Cigarettes, Ices, Etc.


emain.jpg

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック

18:55  |  K  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.04 (Thu)

Keith Emerson ‎– Nighthawks (Original Soundtrack)

AD/米盤/1981年/BSR-5196

キース・エマーソンのソロ・アルバム、ただし映画のサントラ。
スタローン主演、敵役にルトガー・ハウアーという
サスペンス映画「ナイトホークス」のOST。

映画そのものはルトガー・ハウアーの敵役が話題になったものの
いま観ると古臭さは否めない。

サントラでもエマーソン節は十分に堪能できる、
特にA面はエマーソン色が濃厚だ。
ジャケットは文字の部分が切り抜きされた特殊仕様。
裏ジャケにMasterd at Half speedの記載あり、
「ハーフスピード」「マスター」でググれば情報が得られるので
興味のある方はどうぞ。


曲目:
A1 Nighthawks (Main Title Theme) 2:24
A2 Mean Stalkin' 2:19
A3 The Bust 2:03
A4 Nighthawking 6:16
A5 The Chase 6:02
B1 I'm A Man 4:18
B2 The Chopper 3:01
B3 Tramway 3:25
B4 I'm Comin' In 2:57
B5 Face To Face 2:51
B6 The Flight Of A Hawk 3:06


R-368704-1300900253.jpg

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック プログレ

19:50  |  K  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.27 (Wed)

King Crimson ‎– In The Wake Of Poseidon(ポセイドンのめざめ)

CD/国内盤/1994.12.16/PCCY-00662

1970年セカンドのリマスター盤、
クリムゾンは、というかフリップはリマスター作業が大好きなのか
幾度と無くリマスターをやり直してリリースしなおしている、
この盤は最初期のデジタル・リマスターだったはず。

伝説的な1作目と比べると影が薄い、
メンバーも定まっておらず、なんとなく散漫な印象だし、
随所にピート・シンフィールドの色合いを強く感じさせる。


曲目:
1 Peace - A Beginning 0:49
2 Pictures Of A City (Including 42nd At Treadmill) 8:03
3 Cadence And Cascade Vocals – Gordon Haskell 4:27
4 In The Wake Of Poseidon (Including Libra's Theme) 7:56
5 Peace - A Theme 1:15
6 Cat Food 4:54
 The Devil's Triangle (11:39)
7.1 (i) Merday Morn
7.2 (ii) Hand Of Sceiron
7.3 (iii) Garden Of Worm
8 Peace - An End 1:53


R-957075-1177342996.jpg

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック プログレ

14:47  |  K  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT