2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.03.21 (Tue)

Israel & New Breed ‎– Covered: Alive In Asia

CD+DVD/米盤/2015年/88875-12581-2

ジャンルとしてはソウルっぽいゴスペルということになるのか、
おまけでドキュメントDVDが付属する限定盤、
ただし例によってDVDはめんどくさくて観てません。

Israel Houghtonのソロ・プロジェクトだが、
バックバンドと合わせてIsrael & New Breedと呼称。

アジアツアーを収録したライヴ盤、
老眼でブックレットの小さい字が読めないので定かでないが
日本、シンガポール、マニラなどをまわったようだ、
どこで収録されたのかはよくわからない、
1日での収録ではなく、良いテイクをつないだのだろう。

ブックレットには東京は渋谷の写真も大きく掲載されている、
スクランブル交差点あたりから撮影したんじゃないか、
渋谷のスクランブル交差点は一種の観光名所になっているようで
アンヴィルのドキュメント映画にも登場している。

我々日本人にはクリスチャンとしての矜持は理解できない、
純粋に音楽としてどうかということになる、
ゴスペルやらソウルやらといったジャンル分けを抜きにして
ポップ・ミュージックとして楽しめる、良いライヴ・アルバムだ。


曲目:
1 Intro (Kau Rajaku)
2 Thank You Lord Featuring – BJ Putnam
3 Risen Featuring – Mariah Houghton
4 My Strength
5 Chasing Me Down Featuring – Tye Tribbett
6 Our God Reigns Featuring – BJ Putnam
7 In Jesus Name
8 One Thing Remains
9 Covered
10 Breathe Your Name
11 Already Done Featuring – Jonathan McReynolds
12 First Loved Me Featuring – Charlin Neal
13 How Awesome Is Our God Featuring – Yolanda Adams


R-8260115-1458658722-7095.jpg

テーマ : 音楽 ジャンル : 音楽

16:59  |  J  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.14 (Tue)

Jr. Gone Wild ‎– Simple Little Wish

CD/カナダ盤/1995年/SPCD-1201

カナダのロックバンド、通算5作目でラスト・アルバム。
ロックというよりはカントリーとかフォークと言った方が良いかも、
ちょっとボブ・ディランっぽい雰囲気もある。
レイドバックしたイギー・ポップ?

最後に隠しトラックがあるっぽい、えんえんと無音が続く、
めんどくさくて確認しないでCDを止めてしまったので
ヒマな人は確かめてみてください。


曲目:
1 The Guy Who Came In From The Cold
2 Downtime
3 Apres Vous
4 Rain Or Shine
5 Beautiful Barfly
6 I'm So Glad
7 Raisins
8 Simple Little Wish
9 Shoes
10 Juliette
11 All Talk
12 Don't Forget About Me
13 Dropping Like Flies
14 Airtight


MI0000195048.jpg

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

19:41  |  J  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.30 (Sun)

Jon Anderson ‎– Change We Must

CD/国内盤/1994.11.9/TOCP-8419

YESのヴォーカルのソロ・アルバム、
YESからプログレ臭を取り除いたというか、
ヴァンゲリスや喜多郎を思わせる、ヒーリング・ミュージック、
スピリチュアル・ミュージック的な要素の強い音楽だ。

6曲はオリジナル、残りはカヴァーやリメイクなどで、
自身の過去のソロ作や、YESの曲もリメイクされている。
ストリングスは打ち込みではなくナマのオケが演奏、
音の厚みを演出しているのか、
現在の技術だったら打ち込みでもOKなのか。


曲目:
State Of Independence 5:37
Shaker Loops 5:31
Hearts 5:03
Alive & Well 4:43
The Kiss 3:51
Chagall Duet 3:31
Run On, Jon 2:46
Candle Song 3:36
A View From The Coppice 2:46
Hurry Home 6:52
Under The Sun 5:01
Change We Must 5:39

R-2274716-1273806575.jpg

テーマ : プログレ ジャンル : 音楽

タグ : プログレ

03:09  |  J  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.07 (Wed)

James Young With Jan Hammer ‎– City Slicker

CD/国内盤/1985.8.25/32XB-180

STYXのギタリストのファースト・ソロ・アルバム、
ヤン・ハマーが全面参加とあって
ジェフ・ベック・スタイルのフュージョン作品かとおもいきや
ギターのドライヴする豪快なアメリカン・ハードロックだ。

本人曰く「STYXでは絶対に許されなかった音楽」だそうで、
ソロ・アルバムなのに元バンドと大差ないアルバムをつくる連中に
きかせてやりたい台詞だ。

80年代洋楽全盛期の、
脳天気で屈託のない明るい雰囲気が心地よい、快作だ。


曲目:
1 City Slicker
2 Something To Remember You By
3 Waiting
4 Still Feel Your Love
5 Runnin' Out Of Time
6 Chain Me Down
7 No Mistake
8 Prisoner Of War
9 Wild Dogs In The Night
10 Empty Promises


R-6756499-1426124025-5374.jpg

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

02:41  |  J  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.27 (Wed)

Judas Priest ‎– Star Box

CD/国内盤/1993.11.21/ESCA-5858

STAR BOXという日本独自企画のベスト盤、
完全限定生産盤という触れ込みで厚めのジュエルケース仕様、
しかし、売り上げによっては通常ケースで再発されていたようだ。
(RIOTなんかは通常盤が出回っていた)

ライナーはK・K・ダウニングが担当、
レコード会社が権利を逆手に取って好き勝手につくったベストではなく、
メンバーの同意を得ているということだろう。

ロブが脱退して後任のヴォーカルを探している最中の執筆、
「背信の門」から「ペインキラー」まで、それぞれ簡潔ではあるものの
興味深いコメントが並んでいて、マニアなら読んでおきたい。

「ブリティッシュ・スティールまではアングラバンドだった」
「当時、アメリカに進出すること自体が権威のあることで
ましてや極東(つまり日本)に進出することはもっとすごいことだった」
等々、若い世代のファンにも面白く読めるんじゃないか。


曲目:
1 Exciter
2 The Sentinel
3 Breaking The Law
4 Some Heads Are Gonna Roll
5 Green Manalishi
6 Beyond The Realms Of Death
7 Hot Rockin'
8 Sinner
9 Livin' After Midnight
10 Rock You All Around The World
11 Dissident Aggressor
12 You've Got Another Thing Comin'
13 All Guns Blazing
14 Heavy Metal


R-6023875-1409080702-7931.jpg

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : ハードロック HR/HM

17:29  |  J  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT