2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.11.24 (Fri)

警告!!

心の狭い人、
シャレの
分からない人、
入場禁止!!


お帰りはこちら→


Copyright (C)「りっちー☆ぶらっく萌」

このブログは激辛です
精神の弱い方にはむきませんので

自信がなかったら読まないように!

あ、あと、音楽がないと生きていけないとか
「のー・みゅーじっく・のー・らいふ」とか
ほざいてるひともおとこわり!

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

タグ : HR/HM

16:38  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.23 (Thu)

このブログの見方について

AD/国内盤/1980年/103242←規格番号です(入れ忘れあり)。
↑ ↑    ↑
↑ ↑    ↑プレス年度です。リリースされた年ではありません。
↑ ↑     おなじCDでも、プレス年度によって差異が生じます。
↑ ↑         
↑ 生産国です。生産国によって音質や収録曲が異なります。

ADはアナログ・ディスク、つまりレコードのことです。
CD、LD、VHS、DVD等、どの種類のメディアであるかを表記してます。

★検索機能について:
スペルミスには対応できません。
タイトルやアーティスト名は、アルファベット表記です(一部例外あり)、
カタカナや平仮名ではヒットしません(文中の表記がヒットします)。

★リンク、転載、引用について:
一切の制約はありません。当方に極端な不利益がない限り、
営利非営利を問わず、自由に転載してもらって結構です。


注:
初期にMSNブログに画像を置いていたんですが、
MSNブログが廃止されてしまったので、その時期の画像が消えています。
気がついたところから修正しますので、大目に見てください。
21:16  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.28 (Thu)

José Mauro ‎– Obnoxius

AD/UK盤/2016年/FALO-191LP

オリジナルは1970年を、2016年に180g盤で再発したもの、
輸入盤だが日本盤のような帯がついている。

ジョゼ・マウロはブラジル人、
70年代にアルバムを2枚リリースしている、くらいしかわからない。

サイケとかソウルジャズとかいろいろ表現する言葉はあるが
ブラジルのポピュラーミュージックの中の1枚、というのが無難。
(日本の音楽はぜんぶJ-POPというのと一緒)

レアグルーヴやらDJやらといったフィールドで評価されているが
むしろジャンルにこだわりのない、
絶えず面白いものを追い求めている音楽ファンに推奨したい。


曲目:
A1 Obnóxius
A2 Tarde De Núpcias
A3 Memória
A4 Ponto De Chamada
A5 As Aventuras Sentimentais De Espiroqueta Camargo
B1 Talismã
B2 Arraial Da Lua Cheia
B3 Ancoradouro
B4 Canção Da Casa Iluminada
B5 Apocalipse
B6 Exaltação E Lamento Do Último Rei


R-9072655-1475077512-2782.jpg

テーマ : ブラジル音楽 ジャンル : 音楽

20:04  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2017.09.23 (Sat)

Puccini: Messa di Gloria Michel Corboz (ミサ曲)

AD/独盤/1974年/ZL-30693

プッチーニと言えばオペラが有名だが、
本盤はそのものずばり「ミサ曲」でオペラではない。

1974年アナログ収録、エラート・レーベルだがRCA扱い、
ジャーマン・プレッシングと誇らしげに印刷されている、
裏ジャケには「インポーテッド・フロム・UK」のシールがあり、
ドイツ→イギリス→アメリカと輸出されていたのだろうか。

欧州盤には自国向けプレスと輸出用プレスがあって、
概して自国向けの方が高音質だが、なぜかはわからない。
一括生産するほうが管理もコストも安く抑えられるので、
あえてラインを分けて輸出向けに低品質なものをつくるメリットはない。
船便での長期輸送に対応してビニール素材の配合を変更している
という説も耳にしたが、事実かどうかはわからない。

コルボらしい颯爽とした演奏と録音、
マイナー曲だがなかなか面白い、
物珍しさもコミで持っていて良いでしょう。


演奏:
Choir and Orchestra , Foundation Gulbenkian ,Lisabon
Conducted by MICHEL CORBOZ


s-l225 (1)

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

タグ : クラシック

19:56  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.18 (Sun)

München - Die Hofkapelle Unter Orlando Di Lasso

AD/独盤/1962年/1C-037-45-573

16世紀ドイツの歌曲集、でいいんだろうか。
収録に関しての記載なし、1960年代初頭のアナログ収録か。

オンマイクで明るく張り出してくる音、
マイナーレーベルのオフマイクでホールエコーたっぷりといった
録音とは異なっている。
渾然一体と言った感じだが意外に混濁はしていない。


演奏:
Alto Vocals – Emmy Lisken
Baritone Vocals – Claus Ocker
Bombarde, Crumhorn – Frithjof Fest
Bombarde, Crumhorn, Dulcian – Heinrich Göldner
Chorus – RIAS-Kammerchor
Conductor – Günther Arndt

曲目:
A1 –Orlando di Lasso Princeps Marte Potens, Giulielmus 6:50
A2 –Anonymous Aufzug 0:46
A3 –Alessandro Striggio Il Gioco Di Primiera (Caccia) 4:05
A4 –Tilman Susato Rondo Und Saltarello 1:16
A5 –Cipriano De Rore O Sonno O Della Queta Humida Ombrosa 3:05
A6 –Anonymous Der Gestreifft Dantz - Der Gassenhauer Darauff 0:46
A7 –Matthia Ferrabosco Che Giovarebbe Haver Bellezza 0:50
A8 –Gabriel Fallamero Vorria, Madonna, Fareti A Sapere 2:56
A9 –Matthia Ferrabosco Se Si Spezzasse Sta Dura Catena 1:04
A10 –Tilman Susato Pavane Und Gaillarde 1:34
A11 –Orlando di Lasso Si Le Long Temps 1:10
A12 –Tilman Susato Allemainge 0:54
A13 –Orlando di Lasso Un Aduocat Dit Á Sa Femme 1:13
A14 –Orlando di Lasso Al Gran Guilielmo Nostro 1:20
B1 –Pierre Phalèse Pavane Und Gaillarde Ferrarese 3:09
B2 –Ivo De Vento Ich Bin Elend, Wo Ich Umfahr 2:13
B3 –Ivo De Vento Vor Etlich Wenig Tagen 0:42
B4 –Ivo De Vento Ich Weiß Ein Maidlein Hübsh Und Fein 1:04
B5 –Anonymous Der Maruscat Dantz - Der Auff Und Auff 1:18
B6 –Jacob Regnart Venus, Du Und Dein Kind 1:30
B7 –Jacob Regnart Nach Meiner Lieb Viel Hundert Knaben Trachten 2:00
B8 –Tilman Susato Pavane (La Bataille) 1:10
B9 –Giovanni Gabrieli Sacro Tempio D´honor 3:25
B10 –Andrea Gabrieli O Sacrum Convivium 1:37
B11 –Orlando di Lasso Wie Lang, O Gott, In Meiner Not 3:49
B12 –Orlando di Lasso In Hora Ultima 2:00


R-9122396-1475168916-8400.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

18:46  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT